2019年08月05日

プラステラスフジヤマ「『まちの駅』とごりやくいっぱい『吉原宿』」

6月に行われた富士地域のお寺を舞台にした体験イベント「プラステラスフジヤマ」の体験レポ、第2弾です。

ここでは、6月15日に行われた「『まちの駅』とごりやくいっぱい『吉原宿』」の模様をお送りします。富士市吉原にある妙祥寺に集合し、すぐ近くにあるお茶屋さん「山大園」店主でまちの駅「憩いの茶の間」駅長の渡辺栄一さんの案内で、「まちの駅」についての説明がありました。まちの駅にはお休み処、案内処、交流拠点といった機能があり、誰もが気軽に立ち寄れるスポットになっています。現在、富士市には60余りのまちの駅があり、そのうち吉原商店街周辺には10以上のまちの駅が集中しています。

ptf_machieki01.jpg

ptf_machieki02.jpg ptf_machieki03.jpg


続いて、妙祥寺副住職の川村孝裕さんの案内で本堂を見学。ここでは音楽ライブなどを楽しめる「吉原寺音祭」をはじめとするイベントが行われ、地域に開かれた寺としても知られています。

ptf_machieki04.jpg

ptf_machieki05.jpg ptf_machieki06.jpg


妙祥寺を出発し、渡辺さんの案内で吉原商店街周辺をまち歩き。東海道の宿場だった商店街の通りには、宿場の歴史を伝える解説看板や石碑などがあるほか、老舗旅館や菓子店、富士山専門店などの個性的な店もあります。途中でいくつかのまちの駅に立ち寄って、各駅長さんから話を聞いたり、お茶休憩をしたりしました。

ptf_machieki07.jpg

ptf_machieki08.jpg ptf_machieki09.jpg

ptf_machieki10.jpg

ptf_machieki11.jpg ptf_machieki12.jpg


最後は山大園で昔の吉原の地図や写真を見ながら語り合い、楽しいひと時を過ごせました。

ptf_machieki13.jpg

ptf_machieki14.jpg ptf_machieki15.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 観光・まち歩き