2019年08月24日

旬の会IN東部@BEER JAM

6月26日と27日の2日間、富士駅の近くにあるクラフトビールを楽しめる飲食店「BEER JAM」で開催された、地元食材を使った料理をいただきながら交流するイベント「旬の会IN東部」に参加してみました。

旬の会とは、正式名称を「ふじのくにの旬を食べ尽くす会」といい、静岡県の農林関係の職員が主体となって自主的に企画・運営されています(静岡県の事業ではありません)。静岡県産食材の素晴らしさを実感して地産地消を積極的に推進することや、生産者・料理人と食に関心を持つ人々との交流を目的に、県内各地の飲食店などを会場に毎月行われているものです。約10年前から始まり、これまでの延べ参加者が約1万人を数えています。

私が参加したこの日は、地元の農産物生産者や食に関心のある人など約30人が集い、クラフトビールで乾杯したあと、マンガリッツア豚やニジマスなど地元食材をふんだんに使った料理を味わいながら歓談し、楽しい夜のひと時を過ごせました。

shunnokai201906a.jpg

shunnokai201906b.jpg

shunnokai201906c.jpg

shunnokai201906d.jpg shunnokai201906e.jpg


今回のイベントで飲んだクラフトビールです。この日はFUJIYAMA HUNTER'S BEER沼津クラフトベアードビールなどを味わうことができました。

shunnokai201906f.jpg shunnokai201906g.jpg


こちらは今回味わった料理です。順番に「マンガリッツア豚のハム・パテドカンパーニュ」(富士農場サービス・TOPICS)、「旬野菜のキッシュ」(ASOBICULTURE)、「クレソンとマッシュルームのサラダ」(長谷川農産)、「ニジマスのフリットとおから春巻きのフィッシュ&チップス」(白糸滝養魚場金沢豆腐店)、「タンドリーチキンときのこソテー」(青木養鶏場富士きのこセンター)、「ビールの炊き込みご飯」(永田さん)、「豆腐のプリン」(金沢豆腐店)です。地元食材をふんだんに使った美味しい料理を存分に楽しめて良かったです。今後、富士周辺で開催される機会があれば、また参加してみたいと思います。

shunnokai201906h.jpg

shunnokai201906i.jpg shunnokai201906j.jpg

shunnokai201906k.jpg shunnokai201906l.jpg

shunnokai201906m.jpg shunnokai201906n.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | グルメ