2019年05月10日

れんげじいけぱーく「茶と人に出遇う」

3月中旬に藤枝市の蓮花寺池公園を舞台に開催された体験型イベント「れんげじいけぱーく」(蓮華寺池公園博覧会)、その中のプログラム「茶と人に出遇う」に参加してみました。

参加者は蓮花寺池公園の一角にあるマツウラコーヒー前に集合。「みちくさ探偵」こと増田あきらさんの案内で、トンガリ屋根が特徴で明治モダン建築の旧藤枝製茶貿易株式会社や藤枝市指定天然記念物の大きなクスノキがある月見里神社など、ゆったり散策しながら街中にあるスポットを見物しました。

rengejiikepark01.jpg

rengejiikepark02.jpg rengejiikepark03.jpg

rengejiikepark04.jpg  rengejiikepark05.jpg

rengejiikepark06.jpg  rengejiikepark07.jpg


お茶屋さんが多くある茶町の一角にある製茶問屋「一言」へ。店の奥にあるかつて茶工場だった建物は、今ではコンサート・演劇などのイベント会場として使われており、茶箱を活用した座席やステージがお茶屋さんらしい素敵な雰囲気を演出しています。ここでは、淹れたてのお茶とともにLalala PLaNET plusの無農薬野菜をふんだんに使った体に優しい弁当を美味しくいただきました。

rengejiikepark08.jpg

rengejiikepark09.jpg rengejiikepark10.jpg

rengejiikepark11.jpg

rengejiikepark12.jpg rengejiikepark13.jpg

rengejiikepark14.jpg rengejiikepark15.jpg

rengejiikepark16.jpg


昼食後は、同じく茶町にある「西野商店」へ。ここには蘭字ギャラリーがあり、 店主さんの解説を聞きながら明治・大正の頃に輸出茶の茶箱などに貼り付けられた「蘭字」と呼ばれるラベルの数々を見ることができました。富士山や人物、動植物などが描かれた浮世絵風の絵画と「JAPAN TEA」などの英文字を組み合わせたラベルは芸術的な価値があります。

rengejiikepark17.jpg rengejiikepark18.jpg

rengejiikepark19.jpg

rengejiikepark20.jpg rengejiikepark21.jpg


最後は旧東海道沿いにある「小野製茶」へ。ここでは抹茶甘酒の試飲と複数のお茶を飲み比べて銘柄や産地を当てる闘茶体験をすることができました。闘茶体験は5種類のお茶を使って行われ、それぞれの茶葉の感触や香りを確かめたあと1杯ずつ味わい、微妙な味の違いを判断して答えを出していきました。初めての体験でなかなか難しかったですが、楽しいひと時を過ごせて良かったです。なお、毎年春に開催している藤枝おんぱくでは、「天下一闘茶会」というプログラムが開催されています。

rengejiikepark22.jpg rengejiikepark23.jpg

rengejiikepark24.jpg

rengejiikepark25.jpg rengejiikepark26.jpg

rengejiikepark27.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 観光・まち歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: