2019年09月22日

富士本町・吉原まちなかLabo

現在、富士本町商店街と吉原商店街にある空き店舗を使った期間限定の店がオープンし、テストマーケティングが行われています。これは中心市街地の活性化や遊休不動産(空き店舗・ビル等)の利活用を目的とする「富士市まちなか活用事業『商店街×起業家支援プロジェクト 〜富士本町・吉原まちなかLabo〜』」によるもので、前期は下記の3店舗がオープンしています。今年は雑貨・スイーツ・カフェといった魅力を感じる店が多く、テストマーケティング終了後の本格営業に期待がかかります。期間はいずれも10月1日(火)までです(9月25日は休み)。


◇if×ガラムダ共和国 (富士本町商店街ケントスビル)

衣装作家の小川浩子さん(if)と旅する造形作家の漆畑ゆう子さん(ガラムダ共和国)によるコラボ出店。手作りの衣装やアクセサリー・雑貨などが展示販売されています。

machinakalabo01.jpg

machinakalabo02.jpg machinakalabo03.jpg

machinakalabo04.jpg

machinakalabo05.jpg machinakalabo06.jpg

machinakalabo_shopinfo01.jpg


◇Kumique & Co. by Brocante Café (吉原商店街村松ビル)

富士宮市のフランス風カフェ「ブロカントカフェ」による、フランス文化を融合させた飲食・物販の店。日替わりでワークショップや蚤の市などのイベントが盛りだくさんです(チラシ参照)。

machinakalabo07.jpg

machinakalabo08.jpg

machinakalabo09.jpg machinakalabo10.jpg

machinakalabo11.jpg machinakalabo12.jpg

machinakalabo_shopinfo02.jpg


◇キャトルエピスサンデー (吉原商店街内田ビル)

地元の人気洋菓子店「キャトルエピス」による、デザートのサンデーようなバラエティーさと日曜日のわくわく感をコンセプトにした店。まちなかLabo限定ケーキ・焼き菓子等のスイーツ販売のほか、アンティーク品・洋服・アクセサリー等の展示販売があり、期間限定の店舗とは思えない素敵な空間を作り出しています。

machinakalabo13.jpg

machinakalabo14.jpg

machinakalabo15.jpg machinakalabo16.jpg

machinakalabo17.jpg machinakalabo18.jpg

machinakalabo_shopinfo03.jpg


これに先立って、今年5月にこの事業をPRするキックオフイベント「魅力ある店づくりが地域の活性化に繫がる」があり、キャトルエピスの藁科雅喜さんと杉山フルーツの杉山清さんによる講演と、富士市産業支援センターf-Bizの小出宗昭センター長を加えたパネルディスカッションが行われ、自分の店や地域に対する熱い想いが語られました。

machinakalabo19.jpg

machinakalabo20.jpg machinakalabo21.jpg


なお、後期は10月4日(金)〜16日(火)に2店舗(富士と吉原に各1店舗ずつ)が出店します。各店舗の詳細についてはこちらをご覧ください。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 地元ネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: