2023年07月14日

ウルトラトレイル・マウントフジ2023

4月21日から3日間、富士山周辺の山野をコースとする大規模なトレイルランニングレース「ウルトラトレイル・マウントフジ」(UTMF)が開催されました。今年は4年ぶりに海外ランナーも参加して、コロナ禍前の国際的レースの姿に戻りました。

大会初日、メインレースのFUJI(約165km)のスタート地点となった富士山こどもの国ではスタート前に開会式が行われ、富士市長や大会会長で国内トレイルランの第一人者である鏑木毅さんなどが挨拶。富士のほうじ茶や富士山ひららのブースも設けられて、地元富士市の食をPRしていました。

utmf2023a.jpg

utmf2023b.jpg utmf2023c.jpg

utmf2023d.jpg utmf2023e.jpg


開会式が終わって、いよいよ過酷なレースがスタート。ランナーたちはそれを感じさせない明るい表情でこどもの国を後にしていきます。今回も参加ランナーを4つのグループに分割して15分おきにスタートする「ウェーブスタート」実施で、スタート風景を4回楽しむことができました。この日は雲が多めの天気でしたが、時折雲間から富士山が姿を見せ、ランナーとともに撮ることができました。

utmf2023f.jpg

utmf2023g.jpg

utmf2023h.jpg

utmf2023i.jpg utmf2023j.jpg



utmf2023k.jpg

utmf2023l.jpg utmf2023m.jpg


この日のこどもの国園内では、たくさんの鯉のぼりが泳いで来場者の目を楽しませていたほか、花壇がある「かおりの丘」ではチューリップが見頃を迎えて、綺麗に咲き誇っていました。

utmf2023n.jpg

utmf2023o.jpg utmf2023p.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | スポーツ

2023年06月11日

富士山サイクルロードレース2023

3月4日から2日間、ロゼシアターから富士市役所にかけての青葉通りを会場に「富士山サイクルロードレース2023 富士クリテリウムチャンピオンシップ」が開催されました。昨年から始まったUCI(国際自転車競技連合)国内コンチネンタルチームと自転車競技国内主要団体(全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)・日本学生自転車競技連盟(JICF))が一堂に会してクリテリウム(市街地などに設けられた比較的短いコースを周回するレース)のチャンピオンを決定する大会、今年は全国から40チーム約170人が参加して熱いレースが繰り広げられました。

fujicycleroadrace2023a.jpg

fujicycleroadrace2023b.jpg fujicycleroadrace2023c.jpg

fujicycleroadrace2023d.jpg

fujicycleroadrace2023e.jpg

fujicycleroadrace2023f.jpg fujicycleroadrace2023g.jpg

fujicycleroadrace2023h.jpg fujicycleroadrace2023i.jpg




こちらは最終レースとなる「富士クリテリウムチャンピオンシップ」決勝の風景、1周1.8kmのコースを30周する54qの距離で争われました。次第に雨が本降りとなる状況で激しい駆け引きが繰り広げられる中、ラスト1周で抜け出した横塚浩平選手(VC FUKUOKA)が1時間17分37秒のタイムで優勝しました。

fujicycleroadrace2023j.jpg

fujicycleroadrace2023k.jpg

fujicycleroadrace2023l.jpg fujicycleroadrace2023m.jpg


「富士クリテリウムチャンピオンシップ」決勝の公式アーカイブ動画もご覧ください。




コースに隣接した富士市中央公園の芝生広場では、地元プロサイクリングチーム「レバンテフジ静岡」や自転車関連メーカー、協賛企業等のブース、飲食物等を販売するブースが軒を連ねたほか、レースの模様を大型ビジョンで放映していました。

fujicycleroadrace2023n.jpg

fujicycleroadrace2023o.jpg fujicycleroadrace2023p.jpg

fujicycleroadrace2023q.jpg fujicycleroadrace2023r.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | スポーツ

2023年05月25日

富士宮駅伝2023

2月12日、富士宮市役所を発着点とする6区間32.7kmのコースで第73回富士宮駅伝競走大会が開催されました。市民駅伝の草分け的大会、3年ぶりの開催となった今回は富士宮市制80周年を記念して行われ、箱根駅伝への出場経験がある駒澤大学・法政大学・東京農業大学が招待参加しました。

午前10時に富士宮市役所前をスタート。今回の参加チームは180余り、一斉に駆け出していく光景は見応えありました。また、駒澤大学と東京農業大学の応援団による応援も繰り広げられました。

fujinomiyaekiden2023a.jpg

fujinomiyaekiden2023b.jpg fujinomiyaekiden2023c.jpg

fujinomiyaekiden2023d.jpg fujinomiyaekiden2023e.jpg


続いて、3区後半の上井出地区に移動して観戦。トップは法政大学Bチーム、約20秒の差で2位が法政大学Aチーム、そこからさらに20秒ほどの差で3位の神奈川大学Aチーム、4位の駒澤大学と続きました。

fujinomiyaekiden2023f.jpg fujinomiyaekiden2023g.jpg

fujinomiyaekiden2023h.jpg fujinomiyaekiden2023i.jpg

fujinomiyaekiden2023j.jpg


富士宮市役所に戻ってフィニッシュの観戦。優勝は法政大学Bチームでタイムは1時間38分17秒の大会新記録となりました。2位は駒澤大学でトップと30秒ほどの差、3位は法政大学Aチーム、4位は東京農業大学と続きました。また、3位までが従来の大会記録を上回る好走を見せました。

fujinomiyaekiden2023k.jpg fujinomiyaekiden2023l.jpg

fujinomiyaekiden2023m.jpg fujinomiyaekiden2023n.jpg

fujinomiyaekiden2023o.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | スポーツ

2023年04月27日

富士山女子駅伝2022

12月30日、富士市・富士宮市を舞台に「富士山女子駅伝」(全日本大学女子選抜駅伝競走)が開催されました。新型コロナウイルス対策で2020年・2021年は沿道での観戦・応援は自粛となりましたが、今回は3年ぶりにそれが可能になりました。また、富士山麓に会場を移して行われるようになってから今回で記念すべき10回目となりました。

レースに先立って、前日の午後にロゼシアターで開会式が行われ、地元チアダンスチームの演技や出場チーム紹介、選手宣誓などがありました。また、開会式終了後には静岡県学生選抜チームの壮行会がありました。

fujisanjoshiekiden2022a.jpg

fujisanjoshiekiden2022b.jpg fujisanjoshiekiden2022c.jpg

fujisanjoshiekiden2022d.jpg

fujisanjoshiekiden2022e.jpg fujisanjoshiekiden2022f.jpg


レース当日、晴れ間はあるものの富士山は残念ながら雲隠れの天候となりました。まずはスタート付近の神田通りで観戦。出場チームの1区選手たちが一斉に通過していく光景を見ることができました。

fujisanjoshiekiden2022g.jpg

fujisanjoshiekiden2022h.jpg fujisanjoshiekiden2022i.jpg

fujisanjoshiekiden2022j.jpg

fujisanjoshiekiden2022k.jpg


続いて、富士市交流プラザ付近で観戦。トップはこの駅伝4連覇中の強豪である名城大学。2位に日本体育大学、3位に全日本大学選抜チームが続きました。

fujisanjoshiekiden2022l.jpg

fujisanjoshiekiden2022m.jpg fujisanjoshiekiden2022n.jpg




こちらは吉原商店街での観戦風景です。ここでも名城大学がトップ、2位の日本体育大学に2分ほどの差をつけていました。ここでは吉原祇園太鼓の演奏や手作りの応援看板で駅伝を盛り上げていました。

fujisanjoshiekiden2022o.jpg fujisanjoshiekiden2022p.jpg

fujisanjoshiekiden2022q.jpg



fujisanjoshiekiden2022r.jpg fujisanjoshiekiden2022s.jpg

fujisanjoshiekiden2022t.jpg fujisanjoshiekiden2022u.jpg


フィニッシュ地点の富士総合運動公園陸上競技場の風景です。トップで競技場に入ってきたのは名城大学、2位に3分以上の差をつけて大会5連覇を達成しました。全チームがフィニッシュ後に閉会式が行われ、優勝の名城大学や区間賞獲得者などが表彰されました。

fujisanjoshiekiden2022v.jpg

fujisanjoshiekiden2022w.jpg fujisanjoshiekiden2022x.jpg

fujisanjoshiekiden2022y.jpg


競技場の外では富士宮やきそば・富士山ひらら・三島コロッケといったご当地グルメの販売、富士のほうじ茶の試飲が行われ、来場者の人気を集めていました。

fujisanjoshiekiden2022z.jpg

fujisanjoshiekiden2022aa.jpg fujisanjoshiekiden2022ab.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | スポーツ

2022年10月10日

モルックFUJIカップ

7月17日、富士市中央公園で「モルックFUJIカップ」が開催されました。モルックはフィンランド発祥のスポーツで、12本のスキットルと呼ばれる木製のピンを並べ、それにモルックと呼ばれる木の棒を投げ、倒した本数(1本の場合は書かれている数字)で得点を獲得し、先に50点ちょうどにしたチームが勝ちとなります。誰でも簡単にプレーできることから、近年注目を集めて競技人口が増えています。

富士市内初となる同大会は、昨年結成された地元のモルック愛好団体「モルックFUJI」の主催で開催されたもので、約30チームが参加して楽しく和気藹々とプレーが行われていました。また、モルックをやるのが初めてという富士つけナポリタン大志館の2チームはすぐにコツを覚えたようで、2位と3位に入る健闘を見せていました。

molkkyfujicup01.jpg

molkkyfujicup02.jpg

molkkyfujicup03.jpg molkkyfujicup04.jpg

molkkyfujicup05.jpg

molkkyfujicup06.jpg molkkyfujicup07.jpg

molkkyfujicup08.jpg molkkyfujicup09.jpg

molkkyfujicup10.jpg


好評を受けて次回開催が決定、本日(10月10日)11時から富士市中央公園で開催されます。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | スポーツ