2019年08月05日

プラステラスフジヤマ「『まちの駅』とごりやくいっぱい『吉原宿』」

6月に行われた富士地域のお寺を舞台にした体験イベント「プラステラスフジヤマ」の体験レポ、第2弾です。

ここでは、6月15日に行われた「『まちの駅』とごりやくいっぱい『吉原宿』」の模様をお送りします。富士市吉原にある妙祥寺に集合し、すぐ近くにあるお茶屋さん「山大園」店主でまちの駅「憩いの茶の間」駅長の渡辺栄一さんの案内で、「まちの駅」についての説明がありました。まちの駅にはお休み処、案内処、交流拠点といった機能があり、誰もが気軽に立ち寄れるスポットになっています。現在、富士市には60余りのまちの駅があり、そのうち吉原商店街周辺には10以上のまちの駅が集中しています。

ptf_machieki01.jpg

ptf_machieki02.jpg ptf_machieki03.jpg


続いて、妙祥寺副住職の川村孝裕さんの案内で本堂を見学。ここでは音楽ライブなどを楽しめる「吉原寺音祭」をはじめとするイベントが行われ、地域に開かれた寺としても知られています。

ptf_machieki04.jpg

ptf_machieki05.jpg ptf_machieki06.jpg


妙祥寺を出発し、渡辺さんの案内で吉原商店街周辺をまち歩き。東海道の宿場だった商店街の通りには、宿場の歴史を伝える解説看板や石碑などがあるほか、老舗旅館や菓子店、富士山専門店などの個性的な店もあります。途中でいくつかのまちの駅に立ち寄って、各駅長さんから話を聞いたり、お茶休憩をしたりしました。

ptf_machieki07.jpg

ptf_machieki08.jpg ptf_machieki09.jpg

ptf_machieki10.jpg

ptf_machieki11.jpg ptf_machieki12.jpg


最後は山大園で昔の吉原の地図や写真を見ながら語り合い、楽しいひと時を過ごせました。

ptf_machieki13.jpg

ptf_machieki14.jpg ptf_machieki15.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 観光・まち歩き

2019年08月04日

プラステラスフジヤマ「吉原祇園祭の知られざる魅力に迫るトーク&まち歩きツアー」

富士地域のお寺を舞台にさまざまな体験を楽しめるイベント「プラステラスフジヤマ」が6月の1か月間開催されました。これは日蓮宗の御降誕800年事業の一環で、「お寺×○○」の体験プログラムを地域住民や企業などと協働して行い、お寺を市民が気軽に訪れるような場所にしていく試みです。以下に私が参加したプログラムを紹介します。

まずは、6月4日に富士市吉原で行われた「吉原祇園祭の知られざる魅力に迫るトーク&まち歩きツアー」に参加した時の模様です。最初に、吉原商店街にある内藤金物店の若旦那で六軒町青年長の内藤佑樹さんと、各地の祭り文化などを追いかけるライターの大石始さんによる吉原祇園祭に関するトークが妙祥寺で行われました。地元テレビで放送された祇園祭の映像を見ながら祭りについての理解を深めたあと、祭りの魅力について存分に語り合いました。また、普通に祭りを楽しむだけでは知ることができない裏話も聞けて良かったです。

ptf_gionsai01.jpg

ptf_gionsai02.jpg ptf_gionsai03.jpg

ptf_gionsai04.jpg


トーク終了後、妙祥寺から吉原の街へ繰り出して、内藤さんの案内での各町内で行われている太鼓・囃子の練習風景を見学。祭りが目前に迫っていて、練習に熱が入っている様子でした。また、祭りに向けて装飾された山車での練習風景も見ることができて良かったです。

ptf_gionsai05.jpg ptf_gionsai06.jpg

ptf_gionsai07.jpg

ptf_gionsai08.jpg ptf_gionsai09.jpg

ptf_gionsai10.jpg

ptf_gionsai11.jpg ptf_gionsai12.jpg




☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 観光・まち歩き

2019年08月01日

藤枝おんぱく2019「ふじのくにの旬≠食べ尽くす日帰りツアー」 (その2)

藤枝市内のこだわりの生産者視察と地元の食を味わうプログラム「ふじのくにの旬≠食べ尽くす日帰りツアー」、その1からの続きです。

西光エンジニアリング・沖友から30分ほど歩き、4か所目となる杉井酒造へ。1842年(天保13年)に創業して明治初期から酒造りを始め、「杉錦」のブランドで知られています。ここでは社長さんによる案内で蔵見学、地酒の製造過程について理解を深めることができました。

fo2019_shuntabe02a.jpg

fo2019_shuntabe02b.jpg fo2019_shuntabe02c.jpg

fo2019_shuntabe02d.jpg fo2019_shuntabe02e.jpg

fo2019_shuntabe02f.jpg

fo2019_shuntabe02g.jpg

fo2019_shuntabe02h.jpg fo2019_shuntabe02i.jpg


蔵見学とともに「杉錦」のほぼ全種類の試飲も存分に楽しめて良かったです。酒好きの人にはたまらないひと時となりました。

fo2019_shuntabe02j.jpg

fo2019_shuntabe02k.jpg fo2019_shuntabe02l.jpg


4か所の視察終了後は、藤枝駅の近くにある飲食店「ダイドコバル」で今回の生産者も交えた交流会を行いました。杉井酒造の「杉錦」と地元産の食材も盛り込まれた料理をいただきながら歓談し、楽しく美味しいひと時を過ごせました。

fo2019_shuntabe02m.jpg

fo2019_shuntabe02n.jpg fo2019_shuntabe02o.jpg


こちらは今回味わったメニューです。順番に「華音直伝 短角牛すじ肉の麻婆春雨」、「シェーブル(山羊)の自家製フロマージュブラン 海ぶどうとプチルージュの藤枝カプレーゼ」、「短角牛の自家製コンビーフと瀬戸谷アスパラ 新じゃがとアボカドのサラダ 温玉のせ」、「杉錦に合わせた特製アジフライ 玉取茸のグリルと新玉葱の酒粕マリネ」、「45日間寝かせた岩手短角牛のランプステーキ ホワイトセロリのサラダ マスタードソース」、「パティスリークロシェット謹製デザート盛り合わせ」です。お酒に合うメニューの数々を心ゆくまで楽しめました!

fo2019_shuntabe02p.jpg fo2019_shuntabe02q.jpg

fo2019_shuntabe02r.jpg fo2019_shuntabe02s.jpg

fo2019_shuntabe02t.jpg fo2019_shuntabe02u.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 観光・まち歩き

2019年07月31日

藤枝おんぱく2019「ふじのくにの旬≠食べ尽くす日帰りツアー」 (その1)

藤枝市の地域資源を活かした体験イベント「藤枝おんぱく」、ここでは5月末に参加した藤枝市内のこだわりの生産者視察と地元の食を味わうプログラム「ふじのくにの旬≠食べ尽くす日帰りツアー」の模様をお送りします。

毎回人気を集めるプログラム、今回は昨年までの半日から昼食もついた一日のツアーに内容が充実されました。参加者は藤枝駅北口に集合、そこから藤枝の街を歩いて最初の目的地であるスイーツ店を目指します。この日は5月としては異例の暑さになるという予報で熱中症が心配されましたが、薄雲が広がったおかげで思ったほど暑くならずに済んで良かったです。

fo2019_shuntabe01a.jpg

fo2019_shuntabe01b.jpg fo2019_shuntabe01c.jpg


藤枝駅から徒歩約50分、最初に訪れたスイーツ店「メゾン・ド・パティスリー・ヨシノ」です。伝統的なフランス菓子から現代的なスイーツまで取り揃えており、季節の果物を贅沢に使ったケーキが目を引くほか、焼き菓子も充実しています。ここでは店主さんからお店を開くまでの経緯やスイーツへの想い・こだわりなどを伺いました。

fo2019_shuntabe01d.jpg

fo2019_shuntabe01e.jpg

fo2019_shuntabe01f.jpg fo2019_shuntabe01g.jpg


2か所目はメゾン・ド・パティスリー・ヨシノから目と鼻の先にある静岡県産のジビエ肉を扱う店「尾州真味屋総本舗」へ。ここでは肉の加工所を見学したあと、ジビエの焼肉を存分に味わうことができ、一部の人はビールとともに楽しんで昼間からちょっとした宴会気分になっていました。また、静岡県中部のこだわりの生産者・飲食店で組織する「しずおかさんち」の地産地消弁当もいただきました。

fo2019_shuntabe01h.jpg

fo2019_shuntabe01i.jpg fo2019_shuntabe01j.jpg

fo2019_shuntabe01k.jpg fo2019_shuntabe01l.jpg

fo2019_shuntabe01m.jpg

fo2019_shuntabe01n.jpg fo2019_shuntabe01o.jpg


尾州真味屋総本舗でのお昼のあと、3か所目に行く途中での風景です。東海道線を渡る跨線橋からは藤枝駅周辺に林立するマンション・ホテルなどの建物群が都会的に見えました。

fo2019_shuntabe01p.jpg fo2019_shuntabe01q.jpg


尾州真味屋総本舗から30分ほど歩き、3か所目となる「西光エンジニアリング」と「沖友」に到着。小規模ながらも技術と知恵を結集して食品加工機械作りや商品開発を行う研究開発企業です。ここでは西光エンジニアリングが開発したマイクロ波減圧乾燥機によって作られた素材の色や風味を損なわないドライフルーツ・ドライトマトの試食と、沖友が販売し藤枝の居酒屋で人気を集めている「海ぶどう」の生産現場を見学することができました。

fo2019_shuntabe01r.jpg

fo2019_shuntabe01s.jpg

fo2019_shuntabe01t.jpg fo2019_shuntabe01u.jpg

fo2019_shuntabe01v.jpg fo2019_shuntabe01w.jpg

fo2019_shuntabe01x.jpg

fo2019_shuntabe01y.jpg fo2019_shuntabe01z.jpg


その2に続きます。


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 観光・まち歩き

2019年05月10日

れんげじいけぱーく「茶と人に出遇う」

3月中旬に藤枝市の蓮花寺池公園を舞台に開催された体験型イベント「れんげじいけぱーく」(蓮華寺池公園博覧会)、その中のプログラム「茶と人に出遇う」に参加してみました。

参加者は蓮花寺池公園の一角にあるマツウラコーヒー前に集合。「みちくさ探偵」こと増田あきらさんの案内で、トンガリ屋根が特徴で明治モダン建築の旧藤枝製茶貿易株式会社や藤枝市指定天然記念物の大きなクスノキがある月見里神社など、ゆったり散策しながら街中にあるスポットを見物しました。

rengejiikepark01.jpg

rengejiikepark02.jpg rengejiikepark03.jpg

rengejiikepark04.jpg  rengejiikepark05.jpg

rengejiikepark06.jpg  rengejiikepark07.jpg


お茶屋さんが多くある茶町の一角にある製茶問屋「一言」へ。店の奥にあるかつて茶工場だった建物は、今ではコンサート・演劇などのイベント会場として使われており、茶箱を活用した座席やステージがお茶屋さんらしい素敵な雰囲気を演出しています。ここでは、淹れたてのお茶とともにLalala PLaNET plusの無農薬野菜をふんだんに使った体に優しい弁当を美味しくいただきました。

rengejiikepark08.jpg

rengejiikepark09.jpg rengejiikepark10.jpg

rengejiikepark11.jpg

rengejiikepark12.jpg rengejiikepark13.jpg

rengejiikepark14.jpg rengejiikepark15.jpg

rengejiikepark16.jpg


昼食後は、同じく茶町にある「西野商店」へ。ここには蘭字ギャラリーがあり、 店主さんの解説を聞きながら明治・大正の頃に輸出茶の茶箱などに貼り付けられた「蘭字」と呼ばれるラベルの数々を見ることができました。富士山や人物、動植物などが描かれた浮世絵風の絵画と「JAPAN TEA」などの英文字を組み合わせたラベルは芸術的な価値があります。

rengejiikepark17.jpg rengejiikepark18.jpg

rengejiikepark19.jpg

rengejiikepark20.jpg rengejiikepark21.jpg


最後は旧東海道沿いにある「小野製茶」へ。ここでは抹茶甘酒の試飲と複数のお茶を飲み比べて銘柄や産地を当てる闘茶体験をすることができました。闘茶体験は5種類のお茶を使って行われ、それぞれの茶葉の感触や香りを確かめたあと1杯ずつ味わい、微妙な味の違いを判断して答えを出していきました。初めての体験でなかなか難しかったですが、楽しいひと時を過ごせて良かったです。なお、毎年春に開催している藤枝おんぱくでは、「天下一闘茶会」というプログラムが開催されています。

rengejiikepark22.jpg rengejiikepark23.jpg

rengejiikepark24.jpg

rengejiikepark25.jpg rengejiikepark26.jpg

rengejiikepark27.jpg


☆ホームページ版「お天気屋さん」もよろしくお願いします!
posted by Taitan at 07:00| Comment(0) | 観光・まち歩き